Beatbox Lab.のブログ

日本初ヒューマンビートボックス専門教室「Beatbox Lab.」スクールブログ

誕生日を迎えました|Beatbox Lab. 代表ZU-nAのコラム

f:id:beatboxlab:20190627190820p:plain
 
今年も誕生日を迎えました。
たくさんのメッセージ、ありがとうございます。 
 
去年3月、コロナウィルスが本格的に拡大し始めてからの一年、去年のこの頃はGWとかもうそんなん関係なく、てんやわんやでしたよね。笑
 
今年は皆さんいかがですか?
去年よりは余裕があるGWを過ごせていらっしゃいますか?
 
去年の誕生日から、コロナ禍のこの一年間、身の回りの事に対して私になりに今までより一層深く考えるようになりました。
 
まず、今私がやっている事について。私の仕事の話をしますね。
 
いま私がやっていることを伝わりやすく言うと、レッスンです。
 
そのレッスンですが、コロナ禍で、対面レッスンはほぼなくなりました。
 
ビートボックスは、ご想像の通り、飛沫が当たり前の表現技法ですから、対面では他の習い事と比べると感染リスクが非常に高いと考えています。
 
対面でレッスンが行えないこと、加えてオンラインでのレッスンに対する様々な懸念から、キッズクラスの会員数はこの1年間で20名近く減少しました。
 
ビートボックスラボは2016年近くからオンラインでのレッスンを提供しておりますので、レッスンノウハウはある程度整っている状態でのご案内でしたが、あまりの勢いでの環境変化についていけない方が多かったように感じます。
 
ただ、そんな中でも継続してレッスンを受けてくださり、楽しんでくださっている皆様には本当に感謝してもしきれません。
 
私のような経営主・事業主ですと、売上がダイレクトに生活や経営に反映されますから、会社員時代と比べて感謝の気持ちはとても強いものがあります。
 
この1年間で改めて感じたんです。
レッスンを引き続きご受講いただいている皆様は、私に何かしらの形で期待してくださっているのだと。
 
この人なら、コロナ禍でも楽しい時間をつくってくれるんじゃないか。
 
目標に辿り着くサポートを諦めずし続けてくれるんじゃないか。
 
つまり、レッスンでいただくお金はその期待の現れであり、私に投資してくださっているんだと感じております。
 
そう思ってから、私は私の仕事の意味や価値をより深く考えるようになりました。
 
皆さんのご期待に応えるよう活動していきたいと、今までより強く思うようにもなりました。
 
さらに、頂いたお金をどこにどう使うかも考えるようになりました。
 
先日、キッズのオンラインバトルを開催させて頂きましたが、その運営資金も皆様から頂いた売上金が元となっております。
 
さらに、講師としてラボに協力してくれているビートボクサー達がレッスンしてくれた売上も、ラボのイベントや様々な企画の運営資金とさせて頂いております。
 
 
この事実は私にとってはとても重要で嬉しい事でして、ビートボックスの業界の中で人やお金がまわる仕組みが段々と作れてきているということなんです。
 
業界として大きくなっていくためにも、業界内でお金が回っていき、関わってくださる皆さんが幸せになっていく環境を整備することは喫緊の課題であり、それが6年目にしてやっとこさ、という感じでございます。
 
まだまだ皆様が求めていらっしゃるレベルには達していないかもしれません。
 
ですが、ぜひこれからもご期待頂ければと思います。
 
 
私がステージに立っている姿を見たい、パフォーマンスを見たいという言葉も多くいただきます。とても嬉しいです。
 
ですが「輝き方というのは、いくつあってもいい。」というのを体現したいという思いがあります。
 
ステージ上で輝く人
ステージ裏で輝く人
つまり、適材適所なわけです。
 
一般的に輝きが分かりやすく見えるのは、ステージに立っていたり、メディアに出ていたりする人ですよね。
 
私もステージに立ちたいなと思うことはあります。根は人前に出ることが好きな人間ですから。
 
でもそれ以上に、今は、これからビートボックスに興味を持つで人が、いまビートボックスに興味を持ってくれている人が、より楽しくビートボックスと関わり続けたいと思える環境をつくりたい。
 
その思いが強いんです。
 
そのため、最近は私自身の露出も少なくなり、応援してくださっている皆さんも、あいつは何をしてるんだ、って感じだと思います。笑
 
(あの人はいま、的な笑)
 
この役回りは、日の目を見ることが少ない。
 
キャーキャー言われることがまずない。
 
でも、そんな見られ方を変えていきたいという思いがあるんです。
 
野球で最近よく言われている所の、中継ぎピッチャーみたいなイメージですね。
 
絶対に必要なポジションなのですが、いまいち価値を理解してもらいづらい。
 
でも、今はそう思われても仕方ないかな、と。
 
私は、これからビートボックスに興味を持つ人にとって、いま私がやっていることが必要だと、自信を持って言えます。
 
種まきから芽が出るのにはまだ少し時間がかかりそうですし、目が出たとしても我々のような役回りがキャーキャー言われることはない。
 
もう一度言うと、それでいいんです。
 
これから出てくるであろう若いプレイヤー達がより脚光を浴び、ビートボックスに興味を持ってくれる人が増えることが、私の真の願いです。
 
適材適所なんです。
 
みんなが先発ピッチャー目指してたら勝てないんです。中継ぎも抑えもいなきゃいけないし、コーチもスタッフも球団職員もいなきゃいけない。
 
いろんな属性の人がいて団結するからこそ、みんながみんなの場所で輝けるんです。
 
 
だから、輝き方はたくさんあっていいはずなんですね。
 
 
バトルで勝つこと
YouTubeで人気になること
大きなステージに立つこと
 
もちろんそれらも素晴らしい事なのですが、それだけじゃ、その世界は面白くない、あまりに狭すぎると私は思うんですね。
 
輝き方は人それぞれで、認め合って尊敬しあって進んでいければ、その世界は素晴らしいのではないかなと思います。
 
 
 
私としては、ステージに立つ事も表現の一つですが、レッスンさせていただくこともその一つ。
 
レッスンのあの場が、私にとっては毎回ステージで、自分がより輝くことができる場だと思っています。
 
わかりやすい部分だけが輝いているように見える世界ですが、私は今の「ステージ」にもやりがいを強く感じています。
 
 
 
関わる皆様に感謝をお伝えするとともに、より良い未来を皆さんと一緒につくっていければと思います。
 
 
ぜひ今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げますとともに、ビートボックスラボを引き続きご愛顧頂きますようお願い申し上げます。
 
 
皆様あってのラボ、皆様あっての私、でございます。
 

オリジナルグッズ発売中!

f:id:beatboxlab:20190807025722p:plain

f:id:beatboxlab:20190806221757j:plain
f:id:beatboxlab:20190806221753j:plain

 

【徹底解説】オンラインレッスンのご予約方法〜受講当日まで

f:id:beatboxlab:20190627190820p:plain 

おはこんばんラボ!(最近ツイッターに投稿しはじめましたw)

 

今回はオンラインレッスンのあらゆることをご説明差し上げます。

 

・どうやって受ければいいの?

・なにが必要なの?

・受ける時はどうやってやればいいの?

 

痒い所に手が届く内容になっているかと思いますので、受講をご検討されている方はぜひご覧ください。

 

この記事を読むと

・オンラインレッスンのご予約手順

・必要な機材

・レッスン前のご準備

・レッスン前後のご対応

をご理解頂けます。 

 

オンラインレッスンとは?

f:id:beatboxlab:20210412095900p:plain

オンラインレッスンとは、スマホタブレット・パソコン等のデジタル通信端末を用いて、テレビ電話でレッスンをご受講いただくサービスです。

 

いつでも、どこでもご受講いただける利点から、

5歳〜小学生のお子様

お忙しい会社員の方

海外在住の日本人の方

など、さまざまな条件の方々にも快適にご受講いただいております。

 

結論:オススメの受講方法

f:id:beatboxlab:20210412151059p:plain
f:id:beatboxlab:20210412150959p:plain
f:id:beatboxlab:20210412151001p:plain

マイクとカメラが内蔵されているパソコンがあるならパソコンから。ないなら、スマホタブレットから。です!

 

パソコンに比べると画面は小さいですけど、いまのスマホタブレットは高性能ですから、きちんと準備していただければ、ご受講者様の予想以上に快適かと思います!

※インターネットの通信環境はお気をつけてください。

 

内蔵マイク・カメラがないパソコンは外付けで別途購入しなければならないですし、準備が面倒ではございます。

 

f:id:beatboxlab:20210412160958p:plain

必要な設備・機材は?

f:id:beatboxlab:20210412150737p:plain
f:id:beatboxlab:20210412150741p:plain
f:id:beatboxlab:20210412150745p:plain

PCもしくはスマホタブレット

まずこれらいずれかの端末が必要となります。

PCの場合、マイクおよびカメラが内蔵されているものかをご確認ください。最近の機種は大体が内蔵されていますが、内蔵されていない場合はレッスンをご受講いただけません。 

もしマイクとカメラが内蔵されていないPCでのご受講をご希望の場合、カメラとマイクを別途ご購入いただき、PCにつける必要がございます。

 

おすすめ外付けカメラ、マイク

f:id:beatboxlab:20210412101139p:plain
f:id:beatboxlab:20210412151249p:plain
f:id:beatboxlab:20210412151831p:plain
f:id:beatboxlab:20210412151942p:plain
 
おすすめカメラ

カメラは古くなければどれでも大丈夫です。選ぶポイントはご自身がお持ちのパソコンで使えるかどうかですので、カメラごとの対応機種をしっかりとご確認ください。

 

おすすめマイク

マイクもどれでもいいと言えばどれでもいいのですが、消去法として「これはあまりオススメしない」というマイクをお伝えしておきますね。

ちなみに、いまからご紹介するマイクは「これでは受講できませんよ」ではなく「これだと音を正確に判断することが難しいので、的確なアドバイスをすることが難しい可能性があります」ということですので、あらかじめご承知おきください。

 

ヘッドセットマイク

f:id:beatboxlab:20210412151831p:plain
f:id:beatboxlab:20210412101139p:plain



こういうやつです。

ビートボックスは、ふつうの喋り言葉ではなく、破裂音を多く出しますので、マイク性能が悪い、そしてマイクが口に近いと、息の音を拾ってしまい、肝心の音が届かない可能性がございます。

 

イヤホンマイク

f:id:beatboxlab:20210412151942p:plain
f:id:beatboxlab:20210412151917p:plain


いつもスマホで音楽を聴いたり、Youtubeを聴いたりするときに使われているイヤホンにくっついてるマイクですね。

これも「ヘッドセットマイク」と同様の理由です。あくまでこれらについてるマイクの用途は会話ですので、ビートボックスには不向きです。

これをつなげるくらいなら、イヤホンを外して、スマホのマイクで受けてもらった方がいいです。

 

じゃあどれがいいの?

といいますと、ハンドマイクがいいです。例えば、このようなものです。

 

まとめポイント

もちろんマイクがあれば音はよりクリアになりますが、準備が面倒であれば、スマホタブレットからのご受講がおすすめです!安心してください、十分ご受講可能です!まず準備がラクな形でご受講いただき、もし音をよくしたいと思えばその際に改めてご質問ください!

 f:id:beatboxlab:20210412160958p:plain

つかうアプリは?

zoomというアプリケーションを使います。

アプリケーションのダウンロードおよび使用は無料です。

※テレビ電話中のインターネット使用料は、他のアプリで動画を見ている時と同じように別途発生いたしますので、お気をつけください

zoom.us

 

おすすめのインターネット環境は?

有線 > 4G > WiFi

の順でのご受講をお勧めしております。ただ、ご受講場所での通信状況は人それぞれですので一概に申し上げることはできかねます。

 

レッスン料金は?

2,500〜3,500円です。※担当講師により料金が異なります。 

料金の詳細はこちらからご確認ください。

www.beatboxlab.com

 

予約編

ウェブサイトからのご予約方法

ホームページのトップ右下「体験レッスン」をタップ

f:id:beatboxlab:20210412113410p:image

※オンラインレッスンに体験料金はございませんが、このボタンからご予約ページに飛んでいただけます

 

f:id:beatboxlab:20210412115335p:image

 

オンラインレッスンの「予約する」をタップ

f:id:beatboxlab:20210412115028p:image

 

ご希望講師をお選びください

f:id:beatboxlab:20210412140213p:image

 

ご希望の日時をお選びください

f:id:beatboxlab:20210412115052p:image

 

初めての方は「連絡先を直接入力する」をタップ

f:id:beatboxlab:20210412115134p:image

 

必要事項をご入力ください

f:id:beatboxlab:20210412115221p:image

 

「シンプルアンケート」のオンラインレッスンの希望コマ数について、数字をご入力ください。

f:id:beatboxlab:20210412115414j:image

 

必要事項をご確認いただき、送信ください。

 

f:id:beatboxlab:20210412160958p:plain 

仮確定メール

※まだレッスン確定ではございません

ご予約ページより予約いただきましてから2営業日以内にご記入いただきましたメールアドレス宛に仮確定のご連絡をいたします。

ご記載内容に間違いがないかご確認頂きました上で、期日までにレッスン料のご入金をお願い致します。

 

確定メール

レッスン料のご入金が確認できました時点でレッスン確定とさせて頂き、当日のzoomのアドレスを記載した確定メールをお送りいたします。

 

準備編

スマホタブレットの場合

⑴アプリのダウンロード

zoomアプリのダウンロードをしてください。

※こちらでiPhoneAndroid両方とものダウンロード方法が掲載されています。

symphonict.nesic.co.jp

 

⑵アプリ内の設定

「設定」→「ミーティング」

f:id:beatboxlab:20210412124045p:image

 

「オーディオに自動接続」→「インターネットの使用」にチェックマーク

f:id:beatboxlab:20210412124127p:image

f:id:beatboxlab:20210412124131p:image

 

「設定」→「ミーティング」より

・「オリジナル音声を使用」をオン

・「安全運転モード」をオフ

f:id:beatboxlab:20210412124309p:image

 

パソコンの場合

⑴アプリのダウンロード

zoomアプリのダウンロードをお勧めいたします。

 

⑵アプリ内の設定

 右上のアイコンをクリック

f:id:beatboxlab:20210412154325p:plain

 

「設定」をクリック

f:id:beatboxlab:20210412154329p:plain

 

「オーディオ」をクリックf:id:beatboxlab:20210412154332p:plain

 

「背景雑音を抑制」を「低」

「音楽とプロフェショナルオーディオ」内の「ミーティング内オプションをマイクから…」にチェックをつける

f:id:beatboxlab:20210412154335p:plain

 

受講当日編

スマホタブレットの場合

⑴時間になりましたら「確定メール」に記載のzoomアドレスをタップ 
⑵自動的にzoomアプリが起動します。

※ここでカメラとマイクの使用について出てきた場合は、両方とも許可を必ずお願い致します。

⑶通話画面右下「詳細」から「オリジナル音声を有効化」をタップ

f:id:beatboxlab:20210412124615p:image

 

パソコンの場合

⑴時間になりましたら「確定メール」に記載のzoomアドレスをクリック
⑵下のような画面になりましたら「zoom.usを開く」or「ミーティングを起動」をクリック

f:id:beatboxlab:20210412155243p:plain

 

受講後

f:id:beatboxlab:20210412155627p:plain

レッスンレビューメール

レッスン内容の要点を講師がおまとめ致しましたレビューメールをお送りいたします。ぜひご自身での練習にご活用ください。

 

さいごに…

レッスンのご予約からご受講当日、ご受講後のレビューメールにつきましてご説明いたしました。

当日は有意義な時間として頂けますよう講師スタッフともに準備をさせて頂きます。

ぜひご準備頂きレッスンをお楽しみください!

 

f:id:beatboxlab:20210412160958p:plain 

オリジナルグッズ発売中!

f:id:beatboxlab:20190807025722p:plain

f:id:beatboxlab:20190806221757j:plain
f:id:beatboxlab:20190806221753j:plain

Dream of Beats 2021 情報まとめ(更新日:2021/03/24)

f:id:beatboxlab:20210206135938p:plain

小中学生限定のオンラインビートボックスバトル

Dream of Beats 2021

愛称としてドリビなんて呼んでもらえますと嬉しいです^^

 

イベント概要

開催日時

動画予選:2021年02月06日(土)21:30〜2021年03月06日(土)23:59

締め切りといたしました。21名のエントリーありがとうございました。

↓ 審査員が8名をピックアップ

本戦出場者発表:2021年03月20日(土)20:00

youtu.be

ka_zuki
Kaito
Aki
s1on
Hajime
ByN
Ryu-ki
SOU-TEN

8名の皆様、おめでとうございます!

本戦:2021年3月27日(土)15:00〜

ビートボックスラボのYoutubeチャンネルより生配信を予定

 

f:id:beatboxlab:20210324214558j:plain

 

大会形式

動画予選:Youtube上にアップされた動画での選考

本戦:オンライン上(zoomを使用)でのバトルトーナメント

※予選・本戦ともに本戦ジャッジ3名が審査いたします。

 

バトルルール

1対1で、各人持ち時間の中で交互にパフォーマンスをし、審査員が勝敗を決めます。

持ち時間

【準々決勝】60秒/30秒

【準決勝】60秒/60秒

【3位決定戦】60秒/60秒

【決勝戦】90秒/60秒

先攻後攻に分かれ、

例えば準々決勝の場合、

先攻60秒→後攻60秒→先攻30秒→後攻30秒

交互に持ち時間内でのパフォーマンス披露して頂きます

 

審査方法

審査員3名による審査にて3票のうち2票を獲得したプレイヤーを勝者とします。

 

延長戦

審査員3名のうち、

2名がドローを出した場合

1名がドローで残る2名の票が割れた場合

先攻後攻を入れ替えて

60秒/30秒の持ち時間で再バトルをおこないます。

※延長戦の持ち時間はどのバトルでも変わりありません。

 

参加条件

2020年度(2021年3月31日)時点で、小学校1年生〜中学校3年生の方。

国籍・性別は不問

一般公募ですので、ビートボックスラボでレッスンをご受講頂いていない方もご参加大歓迎です!

 

エントリー料

2,000

予選エントリー方法 

f:id:beatboxlab:20210206140950p:plain

 

①パフォーマンス動画をYoutubeにアップ

制限時間

1分10秒以内 

指定動画タイトル

アップする際の動画のタイトルは「ビートボクサーネーム】Dream of Beats 2021 #dob2021」と記載ください。

 

エントリーフォームを送信

フォーム内の所定の項目をご記入いただき送信してください。送信後の送信完了アナウンスはございませんが、1回送信していただければ必ず届いておりますのでご安心ください。

 ※ご注意ください※

・指定時間を越えた動画ではエントリー不可です。

・エントリーフォームに記載の動画で審査をいたします。エントリーフォーム送信後の動画の差し替えは認めません。

 

③ エントリー料のお支払い

フォームを送信後、2営業日以内に運営より、ご記載のメールアドレス宛にご連絡をいたします。そのメールの内容に従い、エントリー料をお支払いください。

お支払い方法

Yahoo! Passmarketを採用いたしましたので、

銀行お振り込み

クレジットカード決済

コンビニ決済

Paypay残高決済

いずれかの方法にてお支払い頂けます。

 

ジャッジ(審査員)ご紹介

 

Kohey:@Kohey611

f:id:beatboxlab:20210206141530p:plain

TATSUAKI:@tatsuaki1234

f:id:beatboxlab:20210206141620p:plain

 

AFRA@AFRAnow

f:id:beatboxlab:20210206141712p:plain

 

よくあるご質問

 

Q:ビートボックスラボのスクールに通ってない人でもエントリーできますか?

A:一般公募のオープンなイベントでございますので、参加条件を満たせば、誰でも参加可能でございます。

 


 

Q:もし本戦に出ることになった場合、パソコンなどの機材は必要ですか?

A:スマホ一台で予選・本戦とご参加自体可能です。もちろん音質面で言えば、パソコンやマイク等の機材が揃うと向上することはございますが、スマホだけでも全く問題ございません。

 


 

Q:音楽を流しながらビートボックスするのはいいですか?

A:今回は音楽を流さず、ご本人のビートボックスのみで演奏されるようお願いいたします。

 


 

Q:予選動画のアップ形式は「一般公開」でないとダメですか?

A:いえ、限定公開でも全く問題ございません。

 

鬼滅の刃【紅蓮華/LiSA】に年長、小中学生キッズがビートボックスのせてみた|動画発表会・2020冬

f:id:beatboxlab:20190627190820p:plain

f:id:beatboxlab:20201225103133p:plain

こんにちは!

 

今回は12月25日にYoutube動画が公開されました、キッズの「動画発表会」の様子につきまして、ご紹介させていただきます!

 

ぜひ、子どもたちの頑張りをご覧ください!

 

動画発表会とは?

ビートボックスラボでは、1年or半年に一度、発表会を開催しています。

 

ただ、今年はコロナウィルスの感染拡大の影響により発表会が開催できず、それに代わって「動画での発表会をしよう!」というものです。

 

ライブ配信などでより多くの人にご覧いただくことも考えましたが、ビートボックスの特性上、飛沫が起こるため、受講者が集まることも難しく、動画での形式にて皆さんにご覧いただくという形式をとりました。

 

入門・基礎クラス

youtu.be


こちらは、5歳(年長)〜小学校低学年が中心メンバーの「入門・基礎クラス」です。

 

ビートボックス歴としては未経験から1年くらいのメンバーが大半となっております。

 

鬼滅の刃のアニメオープニング版の紅蓮華に合わせてビートボックスをしました!

 

今回のレッスンでは、ビートの難しさを4段階にレベル分けし、簡単なものをクリアすればどんどん上のビートにチャレンジできるという形をとりました。

 

ですので、みんな同じようにビートを刻んでいますが、よく聞くとちょっと違う音を入れている子がいるのは、レベル分けのためです。

 

みんな、3ヶ月以上、がんばって練習してきました!

 

標準クラス

youtu.be

こちらは、小学校中・高学年〜中学生が中心メンバーのクラスです。

 

入門・基礎クラスで、上達速度が早く意欲の高い低学年の子も、講師の判断でこのクラスに昇格してもらっています。

 

このクラスでは、紅蓮華を丸々1曲チャレンジすることにしました!

 

そもそも、丸々1曲をずっとビートボックスし続けるって、体力も使うし、覚えることも多いし、すごく難しいことなんですね。

 

でもみんな、一生懸命練習して、ぜんぶ覚えてしまった子もいるくらい、がんばってくれました!!

 

途中途中、ビートがバラバラに聴こえるのは、好きなようにビートを打って良いよ!と言っている部分があるためです。

 

このクラスでは、講師が教えるビートパターンのほか、自分でビートをつくることも積極的にチャレンジしてもらっています。

 

ビートボックスに間違いというものはないですし、いま自分ができる音をつかって、どんなビートがつくれるのかにチャレンジしてもらうことも、有意義なレッスンであると考えています。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

 

子どもたちのがんばり、見てもらえましたか?

 

人によっては、LINEで何度も何度も動画を送ってきてくれる生徒もおり、私もその都度、精一杯アドバイスをさせていただきました。

 

そのがんばりが、こうやって動画として形になって、私たちも嬉しく思います。

 

ちなみに、、、

紅蓮華の歌は、講師のZU-nAが以前コラボさせていただきました「石河美穂」さんより拝借いたしました。

www.youtube.com

美穂さん、快くご協力くださり、ありがとうございます^^

とても素晴らしい歌声をお持ちのシンガーさんですので、ぜひ皆様、ご覧になってみてください。

 

 

beatboxlab.hatenablog.com


 


【小学生】パプリカにビートボックスあわせてみた【BEATBOX LAB.】

 

▼体験ご予約はこちら

http://www.beatboxlab.com/reserve-kids-trial 

※お申し込み時のご注意

f:id:beatboxlab:20200601172958p:plain


上の通り、冒頭に「ご希望校舎」の選択がございますが、どちらをご選択されても現在はオンラインでのご案内となります。予めご承知おきください。 

 

 

関連記事

 

オリジナルグッズ発売中!

f:id:beatboxlab:20190807025722p:plain

f:id:beatboxlab:20190806221757j:plain
f:id:beatboxlab:20190806221753j:plain

【コスパ最強】ガチ初心者におすすめのマイクご紹介!

f:id:beatboxlab:20190627190820p:plain

 こんにちは!

 

今回はタイトルの通り、

 

「ガチ初心者におすすめのマイク」

をご紹介したいと思います!

 

受講者の皆さんから、

マイクっておすすめありますか?

 

とよく聞かれるのですが、今回は(たぶん)一番コストをかけずにマイクを使った練習ができるものをご紹介します!

 

アンプ、スピーカー不要!スピーカー内蔵マイク!

f:id:beatboxlab:20201225083830j:plain

それがこちらです!昔「カラオケマイク」ってありましたよね?その現代版ですね!こないだコストコで見つけたので写真撮っておきました。

 

amazonでも見つけました!4,000円くらい!!黒以外に、ピンク・シルバー・グレーなどなど、カラーバリエーションも豊富でした!

f:id:beatboxlab:20201225084958p:plainf:id:beatboxlab:20201225085014p:plain

 

 

そもそも、マイクだけを買っても、音が出ないのはご存知ですか?

 

マイクを買うということは、スピーカーから音を出して、もっと臨場感のある練習がしたい!って人が多いと思うのですが、今言った通り、、

 

マイクから音を出して使うには、

・マイク本体

・マイクコード

・アンプ

・ミキサー

・電源コード

ものによってはこれよりもたくさんの機材が必要になります、、。

 

で、これを揃えようとすると、どんなに安くても1万円はすぐ超えますし、マイクをちゃんと選ぼうとするとマイクだけで1万円を超えちゃいますから、もう2〜3万円とかすぐ行っちゃいます。。

 

だから、本当にエントリーモデル(入門機)として、マイクから音を出して遊びたい、ということであれば、上記の「マイクにスピーカーがくっついているマイク」をおすすめします。

 

もちろん、音は大したことないです。スピーカーの大きさから想像していただければと思います。

 

でも、このマイク!優秀なのが、

・音楽をスマホからスピーカー宛にBluetooth接続で流すことができたり

・エコーをかけることができたり

します^^

 

音楽に合わせてビートボックス練習したい人は、このマイク重宝すると思います!

 

 

実は、ラボのキッズ受講者の中でも、このマイクを持っている人がいて、本当に最初のエントリーモデルとしてはめちゃくちゃ良いと感じています!

 

もちろん、大人の方でも、

・家で音がおおきく出せない

・趣味でやってるからそんなお金を出したくない

って人も、このマイクからはじめてみるのはありだと思います!

 

もし、このマイクで飽き足らず、本格的にマイク選びをしてみたいという方は、ぜひこの動画をご覧ください。

youtu.be

 

さいごに

今回は超初心者向けのマイクのご紹介でした!

 

ファーストステップは手軽にやってみたいじゃないですか?ですので、まずは性能がそこまで良く無くとも、さくっと始められる環境をつくってみるのをオススメします。

 

マイクがあると、それだけでモチベーション上がりますからね!!(これは間違いない

 

ぜひビートボックスをより楽しんでみてください♪

 

オリジナルグッズ発売中!

f:id:beatboxlab:20190807025722p:plain

f:id:beatboxlab:20190806221757j:plain
f:id:beatboxlab:20190806221753j:plain

 

【こどもラボ】レッスンレポート|2020年12月13日

f:id:beatboxlab:20190627190820p:plain

 

年内もあと2回となりましたキッズクラスのレッスン。今回は新しい試みでレッスンをさせていただきました。

 

入門・基礎クラス

f:id:beatboxlab:20201214095426p:plain

*1

 

今日はまず、ドラムについての理解を深めるため、アプリを使ってみんなとドラムの音について勉強しました。

 

f:id:beatboxlab:20201214095728p:plain

 

いつも自然と出している「ボ」や「ツ」も、元の楽器がどういうもので、どんな音が出るのかがわかると、ビートボックスするときもイメージがわきますよね。

 

みんなでドラムについての理解を深めたあとは、先月まで3ヶ月近く練習してきた「紅蓮華」をみんなで披露しました。

 

その後、先月後半のレッスンからスタートした「炎」のつづきをすすめていきました。

 

専用のプリントをもとに、講師が子どもたちの学習速度に合わせて、丁寧に伝えていきます。

 

スクールでも鬼滅の刃フィーバーでして、特に「紅蓮華」はすごくみんな上手になりました!紅蓮華は、動画発表会の課題曲でもあり、動画の完成まで楽しみにお待ちください。

 

最後は、我妻善逸の顔の真似をみんなでして、楽しく終了です!笑

 

f:id:beatboxlab:20201214100245p:plain

 

標準クラス

f:id:beatboxlab:20201214100317p:plain

このクラスでは、入門・基礎クラスよりもむずかしいビートにチャレンジしていっています。

 

まず、前回以前練習していた、彼のビートをおさらいです。

www.youtube.com

 

元の曲は有名なジャスティンビーバーです。

Justin Bieber - What Do You Mean? (Official Music Video)

www.youtube.com

 

口一つでここまで演奏できるようになると、とても面白いですし、かっこいいですよね!

 

このクラスになると、覚える音の種類はもちろん、ビートもとてもむずかしくなっていきます。

 

講師もゆっくりとお伝えしながら、時には戻っておさらいを大事にしたりしていきます。

 

さて、このおさらいが終わったら、いま課題としているビートの続きです!

 

これまた難しい!!!汗

でも、みんな一生懸命ついてきてくれています。

 

f:id:beatboxlab:20201214101016p:plain

 

新しい音の練習も、難易度が高い音になってきました。

 

とくに口の中の音は説明もむずかしいため、このように絵を使いながら、理解を深めてもらっています。(むずかしい漢字はいまは必要ないので無視です)

 

できると音を増やしながら、自分でできる演奏の幅を広げていきましょう!!

 

選抜クラス

このクラスは、大会やイベントに出場することをメインの目的として「標準クラス」で成長著しく、レッスンを受ける姿勢や態度も素晴らしいと判断した人を、講師が選抜しているクラスです。

 

www.youtube.com

こちらは以前の発表会の様子です。

 

いまこのクラスがチャレンジしているのは、ある曲を「メンバーでパート分けして演奏できるようにする」です!

 

ビートボックスは1人でたくさんの音を出して演奏することはもちろん、複数人でパートを分けて演奏することも楽しさの一つです。

 

しかも現在はスタジオレッスンが再開できておりませんので、オンラインでのチャレンジ。

 

しかもしかも!

 

パート分けや音選びは、ぜんぶ子どもたちに任せています!

 

講師は迷った時のサポートをしています。

 

自分たちで考えて、自分たちでアイデアを出し合い、完成させる。

 

初めてのことで慣れていないため、子どもたちも(どうやればいいんだろ…)という感じですが、そこは有り余るセンスでカバーしていってくれています。

 

ゆっくりですが、着実にできていますので、またご報告しますね!お楽しみに!

 

オリジナルグッズ発売中!

f:id:beatboxlab:20190807025722p:plain

f:id:beatboxlab:20190806221757j:plain
f:id:beatboxlab:20190806221753j:plain

*1:※顔出しNGの方もいるのでモザイク処理しております)

コロナに感染したから対面休講の理由を言える|Beatbox Lab. 代表ZU-nAのコラム

f:id:beatboxlab:20190627190820p:plain

 

いつもビートボックスラボの情報をチェックしてくださりありがとうございます。

 

代表のZU-nAです。

 

11月末に差し掛かるというのに、暑いですね。今住んでいる家は日当たりがすごくいいので、実はいまでも日中は短パン&タンクトップ、時にはクーラー入れて過ごすことがあります。

 

そろそろ「季節感」というものを忘れそうで怖いです。

 

このブログを書く経緯

ずばり「ラボをより知ってもらうため」です。

 

ラボをどういう思いで運営しているのか

それはつまり

私がどういう思いで運営しているのか

さらには

私が受講者様にどういう思いで接しているのか

 

というつながりですので、ぜひご興味ございましたらご覧ください。

 

休講の理由

コロナウィルスの感染によって、

①世の中に不便を起こしたくない

②ご家族様に不幸な思いをしてほしくない

この2点です。

 

あと、皆さんにとって一番説得力があるワードを出しますと、、

 

私、コロナウィルスに感染して入院までしました。

 

体験していると説得力が増しますよね?笑

(さらっとカミングアウトしたなwww

 

では、それぞれを詳しく書いていきます。

 

①世の中に不便を起こしたくない

具体的には「病床数を確保するお手伝いをしたい」という思いです。

 

いま現在、日本の重症者数が少ない、重篤化率が低い要因、皆さんは挙げられますでしょうか?

 

もちろん複数の要因があるのですが、その一つに「重症化しそうな人へのケアの迅速さ」が挙げられます。

 

日本は医療体制がしっかりしていると思います。私が入院したときも、衛生管理・患者の体調管理等、未曾有の事態の中でも看護師の方々は冷静に的確に動かれていた印象があります。

 

重症化しそうな人をすぐに見極め、入院から適した対応を施す。このオペレーションは素晴らしいと思います。

 

ですが、そもそも、これは入院ができる余裕が病院になければいけないんです。

 

すでに第二波?第三波?が来ていると言われており、病床数が圧迫されていると聞きます。

 

処置を施せれば救える命も、入院できなければ処置できません。

 

そのためには、我々が日常から気をつけて生活し、コロナにかからないようにすることが大切なんです。

 

本当に必要な人に必要な処置が施せるような環境を、医療現場だけではなく、我々全員が協力してつくらなければ、本当に間に合わなくなった時が大変です。

 

②ご家族様に不幸な思いをしてほしくない

コロナにかかったら、自宅かホテルか病院かで療養して、治ったら社会復帰。

 

と、シンプルに考えるのだけは、このブログを見てやめてください。そんな簡単なものではなく、けっこうめんどくさいんですよ。

 

私の場合、

⑴近くの病院でPCR検査が受けられなかったので、大きい病院での検査予約

※この時点で感染が疑われているので、自宅からは出てはダメだし、病院への移動で公共交通機関をつかってはいけません。タクシーも窓をすべて開放してもらうようにお願いしないといけません。

 

⑵検査まで3日、検査結果が出るまで3日かかる

その間、特効薬はないですから、とにかく耐えるしかありません。私の場合、頭痛、ものすごく体が重くなる、ゆっくり歩いても息切れする。そんな状況でした。

 

⑶検査結果が出るまで保健所から連絡がくる

ものすごく体調が悪いのに、保健所から電話が来て、ここ1,2週間の行動を根掘り葉掘り聞かれます。なぜかというと、接触した人が濃厚接触者になるため、その人へも保健所から電話が行ってしまいます。あぁ…申し訳ない。。

 

⑷症状が少しでも悪いと病院送り

自宅やホテル療養もありますが、私の場合、一度平熱まで戻ったのにも関わらず、また38度代まで上がるという事態になったため、病院での入院となりました。

 

⑸一週間以上の軟禁生活

これ、ほんとうに気が狂いそうになります。ベッド以外で歩けるのはトイレに行く時のみ。それ以外はリスクを避けるため、移動禁止です。ずっとベッドです。しかも相部屋です。

 

⑹後遺症に悩まされる

退院しても体力は劇的に低下していますから、すぐには社会復帰ムリです。しかも私の場合は味覚と嗅覚が失われまして、もどるまでに退院から1.5週間くらいかかりました。その間、ご飯がまぁ美味しくないこと!

 

 

はい、こんなにめんどくさいんですよ?

少しはわかっていただけますか?

 

で、これは私個人の経験ですが、その経験から、お子様や保護者様に当てはめて考えてみております。

 

例えば、お子様が感染した場合

①お子様の容態のケア

②保健所とのやりとり

③濃厚接触者へ謝りの連絡

④職場への謝りの連絡

⑤急いで完全リモートワークの準備

⑥お子様の容態ケア

などなど。。。

 

箇条書きで書くだけでも、めちゃくちゃ大変そうに見えませんか?

 

さらに、私はここが一番心配なのですが、もしお子様が感染した場合、重篤化リスクは低いのですぐに容態はよくなると思います。

 

ですが、学校に復帰した時、コロナ扱いされて、それがいじめの発端になったりするかもしれない

 

保護者様は、周りの保護者様へのケアで精神的に疲れることも容易に想像できます。

 

 

まとめますね。

私が申し上げたいのが、

 

コロナとの闘いより面倒なのは、生きていらっしゃる社会との再調整

 

なのです。

 

しかも、そこがうまくいかないと人生の歯車が噛み合わなくなることさえ考えられる。

 

目の前の誘惑に負けて、先々の幸せを壊すようなことになりかねない。

 

私はそう強く感じております。

 

おわりに

さて、他にもお伝えしたいことは山ほどありますが、今回のブログはここらへんにさせていただきます。

 

どうしょう?

なぜ、ラボのキッズクラスが対面を休講としているか、ご理解いただけましたでしょうか?

 

私からすると、飛沫が多く発生しうる習い事が、今現時点でも対面開講されているのが理解できないんですね、正直なところ。

 

本当に、受講者のことを考えているのだろうか。と私は思ってしまいます。

 

ですから、こういうときこそ、その組織や個人の活動理念と言動が本当に一致しているかどうかが試されるときなのかな、と感じております。

 

理念を思い出せば、すべき行動は自ずと選択できるはずです。

 

受講者側の皆様も、ぜひそういう目線で周りを見ていただくと、より真摯な組織・個人が見えてくるのではと思います。

 

対面が再開できないことはとても寂しいことではございますが、より良い体験をご提供するために、なによりも受講者様の安心安全が第一であり、そのためには休講も仕方がないというのは私の判断でございます。

 

まだまだ不勉強な点が多いですが、この環境下でもより良い体験をご提供できるよう、日々精進してまいります。

 

ぜひこのブログをご覧いただけました皆様も、健康第一でより良い日々をお過ごしください。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

オリジナルグッズ発売中!

f:id:beatboxlab:20190807025722p:plain

f:id:beatboxlab:20190806221757j:plain
f:id:beatboxlab:20190806221753j:plain

//上に戻るボタン
//トップページ固定
f:id:beatboxlab:20210319222555p:plain
f:id:beatboxlab:20210319222601p:plain
f:id:beatboxlab:20210319225659p:plain